2015年01月27日

インターホンの耐用年数(更新目安)

今日は、日ごろのインターホン修理で良くお客様からご質問頂く事について書きたいと思います。

まず、圧倒的に多い質問として、インターホンの耐用年数(更新目安)についてです。
一般的な目安としてはインターホン工業会にて、家庭用インターホンで10年、ナースコール等のケア用インターホンは12年、マンション等の集合インターホンは15年となっています。
上記の年数は故障しない事、修理を保障するものではありません。

修理をしながら感じる事は13〜15年ぐらいから修理が増える感じで、機器による差はあまり無いかと思います。
マンションの場合は、単純に機器の劣化による故障率の上昇で15年になっているかと思います。
ナースコールの場合は使用される用途から考えて、やはり早めの更新が望ましいと思います。
個人宅のインターホンは、外に取り付けの子機が「雨・太陽光」に直接当たる場合(門柱等に取り付けしている等)に10年前後で故障が増えるように感じます。そのため10年になっているのでは?と思います。
これは環境が厳しい為で、雨・太陽光が直接当たらない内側の玄関に設置している場合は故障頻度が少ないです。

海岸沿いで、潮風が良く吹き付けるマンションなどは故障率が高くなる傾向があるなど、取り付け環境によって状況は変わりますので、あくまでも目安の年数と考えていただくと良いかと思います。

posted by 株式会社リンクスタット at 20:12| Comment(0) | インターホン

2015年01月24日

熊本電鉄

今日は熊本電鉄の紹介です。

今回は「藤崎宮前〜御代志」間で一番多く走っている6000系です。

15012401.JPG

藤崎線の一部では、普通の電車が道路を走行する珍しい場所があり、その部分で撮影しました。
路面電車タイプの電車であれば道路を走るのは普通ですが、元都営地下鉄の電車が道路を走るので迫力が大きいです。

熊本電鉄には他に元東急の5000系も2両走っており、内1両は今度の3月に廃車し、残りの1両もさらに1年後に廃止されるようで、2月にイベントもあるようです。

少し前(お正月)に乗ってみましたが、乗っている人は少なく線路状態があまり良くないのか良く揺れました。九州のローカル私鉄はどこも経営的に厳しそうと感じます。


posted by 株式会社リンクスタット at 21:53| Comment(0) | 電車

2015年01月15日

西鉄貝塚線313系

今日はもうすぐ廃止になる、西鉄313系電車の写真です。

2015011501.jpg

この写真は数年前に撮影しているので西鉄貝塚線の標準色ですが、現在は旧塗装に変わり、あとわずかで引退します。
福岡市内の千早・香椎付近は高架なっていたりするのですが、わずか2両で利用客は少なく、一部は廃線になりました。中心部に行くには地下鉄に乗り換えが必要で、使いにくいのが難点です。
この写真を撮影した頃は比較的近くに住んでいた事もあり、時々乗る事がありましたが、最近は全く乗らなくなりました。


posted by 株式会社リンクスタット at 23:55| Comment(0) | 電車