2018年05月13日

災害時のスマホ用充電器を作る! その6

手作り防災グッズ
災害時のスマホ用充電器を作る! その6

前回、乾電池からの電流は800mAぐらいにしたいと書きました。
充電電力を 5V×2.4A=12W とすると、
供給電圧は 12W÷0.8A=15V ぐらい必要です。

乾電池は放電により1.5Vから1V位まで変動するので、乾電池を直列に12個接続して18Vから12Vまで(平均15V)で利用する事としました。

18Vから12Vまでの電圧を効率よく利用するには、12V〜24Vまで対応のシガーチャージャーを利用するのが安価で効率的です。
12V専用のシガーチャージャーの場合、18Vを入力すると壊れるかもしれないので、12/24V対応の商品を利用して下さい。

シガーチャージャーで充電中の電流を調べた所、
供給電圧12Vの時の消費電流は1.13A
供給電圧15Vの時の消費電流は0.88A
供給電圧18Vの時の消費電流は0.75A
でした。
消費電力は約13.2Wとなって、効率は80%ぐらいでした

18051301.jpg

最初の計算より電流は少し多くなりましたが、電池の数が多いのも使いにくいですし、スマホの電池残量により充電電流は下がっていくので、このまま電池の本数は変更しない事にしました。

次回は実際にどのぐらい充電できるかテストしてみます。



posted by 株式会社リンクスタット at 18:25| Comment(0) | 手作り防災グッズ

2018年05月10日

スイッチ・コンセントの交換できます。

こんにちは。

当社は修理がメインですが、インターホンの交換や、電気工事ももちろん可能です。
今回は室内の壁に付いているコンセントやスイッチ交換のご案内です。
経年劣化による交換はもちろん、操作しやすいタイプやタイマー付きなど、
使いやすいタイプへの交換もおすすめです。

オーディオ用のグレードアップコンセントへの交換、
コンセントベース・プレートの組み込みも対応出来ます。

今回はコンセントとスイッチが組み合わせているタイプを交換しました。

18051001.JPG

30年経った古いタイプです。

18051002.JPG

表のカバーを外します。

18051003.JPG

新しいスイッチは、パナソニックのコスモシリーズです。

18051004.JPG

取り付けています。

18051005.JPG

最終的にきれいなスイッチに変わりました。

30年経っていると、内部の結線部分などが黒く酸化して接触不良が発生する事があります。

18051006.jpg

この部分をそのままにしておくと、加熱や最悪の場合火事の原因にもなりかねません。

18051007.jpg

もちろん綺麗にクリーニングしてから、結線します。

使い勝手も良くなり、安全・安心の為にも定期的な交換をお勧め致します。


posted by 株式会社リンクスタット at 13:29| Comment(0) | 電気工事

2018年05月03日

災害時のスマホ用充電器を作る! その5

手作り防災グッズ
災害時のスマホ用充電器を作る! その5

今回は電気的な説明をしたいと思います。興味のない方は飛ばして下さい。

まず電池の数が多いのですが、これは電池から流す電流によって容量が変わってしまうからです。

パナソニックの単一アルカリ乾電池エボルタの放電特性図より、
100mAの放電電流で150時間(15000mAh)
500mAの放電電流で20時間(10000mAh)
1000mAの放電電流で6時間(6000mAh)
2000mAの放電電流で2時間(4000mAh)
単一乾電池の放電特性図はこちら

となっており、なるべく電流を少なくする事で多くの電気が取り出せます。
とは言ってもスマホやタブレットの充電には、5V2.4Aの充電電流が欲しいところです。
充電電流との兼ね合いも考えて、今回は乾電池から800mA程度の電流を流す事にしました。
800mAの放電で約9時間の連続放電が可能で、7200mAh程度の容量になると考えられます。

電圧×電流=電力 となるので、
電池側の電流を下げるには電圧を上げるしかありません。
結果として電圧を上げる為、電池の本数が多くなった訳です。(電池の直列接続)

その6に続きます。

posted by 株式会社リンクスタット at 12:09| Comment(0) | 手作り防災グッズ