2018年05月13日

災害時のスマホ用充電器を作る! その6

手作り防災グッズ
災害時のスマホ用充電器を作る! その6

前回、乾電池からの電流は800mAぐらいにしたいと書きました。
充電電力を 5V×2.4A=12W とすると、
供給電圧は 12W÷0.8A=15V ぐらい必要です。

乾電池は放電により1.5Vから1V位まで変動するので、乾電池を直列に12個接続して18Vから12Vまで(平均15V)で利用する事としました。

18Vから12Vまでの電圧を効率よく利用するには、12V〜24Vまで対応のシガーチャージャーを利用するのが安価で効率的です。
12V専用のシガーチャージャーの場合、18Vを入力すると壊れるかもしれないので、12/24V対応の商品を利用して下さい。

シガーチャージャーで充電中の電流を調べた所、
供給電圧12Vの時の消費電流は1.13A
供給電圧15Vの時の消費電流は0.88A
供給電圧18Vの時の消費電流は0.75A
でした。
消費電力は約13.2Wとなって、効率は80%ぐらいでした

18051301.jpg

最初の計算より電流は少し多くなりましたが、電池の数が多いのも使いにくいですし、スマホの電池残量により充電電流は下がっていくので、このまま電池の本数は変更しない事にしました。

次回は実際にどのぐらい充電できるかテストしてみます。



posted by 株式会社リンクスタット at 18:25| Comment(0) | 手作り防災グッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: