2018年04月23日

災害時のスマホ用充電器を作る! その2

手作り防災グッズ
災害時のスマホ用充電器を作る! その2です。

前回、乾電池を利用した充電器を作ることに決めましたが、いきなりですがとりあえず作ってみました。

5000円以下で10年備蓄できる30000mAh相当の大容量の非常用スマホ充電器

18042301.jpg

試作品ですが、制作費は5000円以下で、
計算上、30000mAhのモバイルバッテリー相当の充電能力、
乾電池はエボルタ単一を12本使用して、使用期限は10年です。
A4のファイルケースに全て収まるので、備蓄しやすくしました。
乾電池を倍の本数ストックすれば、複数台あっても安心です。

ちなみにモバイルバッテリー30000mAh相当ですが、
iPhone8のバッテリーが約1800mAhなので、充電効率が80%
とすると13回ぐらいフル充電出来る計算です。

私はiPad Air2を使っていてバッテリーは大きいですが、
それでも3回フル充電プラス少しぐらい充電できそうです。

単一電池を12本とか数が多すぎるとか、災害時は単一は手に入りにくいなど突っ込みは多数あると思います。
本数が多いのは乾電池の能力をなるべく効率よく利用するためです。
単一を利用したのは、容量が多いからですが、あくまでも
停電が復旧するまでの一時的(数日間)な使用のみを想定しているので、
使用する電池はすべてストックしておく事を前提にしています。

次回はより詳しい電気的な説明・使用部品等の説明をしたいと思います。



posted by 株式会社リンクスタット at 22:18| Comment(0) | 手作り防災グッズ

2018年04月19日

災害時のスマホ用充電器を作る! その1

手作り防災グッズ
災害時のスマホ用充電器を作る! その1です。

しばらく間があきましたが最近時間が少し空いたので、
以前から考えていた災害時のスマホ充電器を作りたいと思います。

きっかけはやはり熊本地震でスマホ・タブレットが、情報収集に重要だと思ったからです。
当時はもちろん停電してコンセントから充電できませんでしたが、
幸い車のガソリンがほぼ満タンで、移動の際に充電することが出来たので、停電が復旧するまでは何とかなりました。
ただ、車がなかったり、ガソリンが入手難であまり車がつかえない事も考えられます。
なにより部屋の中で充電できるのはありがたい事です。

最初に考えたのはモバイルバッテリーですが、充電を忘れていれば使用できませんし
自己放電もあるので長期間の備蓄にはあまり向かない気がします。

そこで、以下の条件で作ってみることにしました。
1.なるべく低コスト
2.メンテナンスフリーで5年は備蓄できること。
3.3〜4日間安心してスマホを使える容量があること。

で、いろいろ考えましたが、
コストと保存性を考えると普通の乾電池しか考えられないとの結論になりました。
ちなみに3〜4日間としているのは、大規模な地震が発生した際に、停電が復旧するまでおよそ3〜4日間かかるからです。

その2に続きます。



posted by 株式会社リンクスタット at 22:21| Comment(0) | 手作り防災グッズ

2017年10月24日

アイホンのインターホン GAM-2M の修理

こんにちは。

今回は先日修理をしたインターホンの紹介です。
機種は下の写真のアイホン「GAM-2M」です。
17102401.jpg

故障内容は1階の集合玄関から呼出できない状況でした。

分解すると下の様な基板が出てきます。
17102402.jpg

調査の結果、基板上部にある中央のICが故障していました。
17102403.jpg

故障しているICを交換しました。フラットタイプのICなので骨の折れる作業です。
17102404.jpg

元通りに組み上げて無事に動作する事を確認しました。

最近は基板交換による修理がメインで、基板上の部品交換による修理は大分少なくなりました。
ただ、故障している箇所を調べて部品レベルで修理するのは結構楽しくて、達成感もあります。





posted by 株式会社リンクスタット at 23:12| Comment(0) | インターホン